街コン(立食型)の立ち回り方

街コン(立食型)の立ち回り方

まず立食型は街コンというより恋活や婚活パーティーになると思います。
まあ私も数えきれないほど参加しているのでいろいろ考えて経験してきていますしなかなかうまいと思います。

 

まず着席型なら男女とも気にせず順番に席替えして話していくので特に問題はないのですが、立食型の場合自分で話しかけたり弱肉強食というのがあります。
ですから自分から行かない限りずっと誰とも話せない可能性があるわけです。
男性の場合は自分から行かないと女性から話しかけてくるということはあまりないので特に積極的に行かないといけません。

 

ですから積極的のひとことにつきますが、自分から積極的にいけないという男性は着席型がよいと思います。
それか積極的に話しかけられる友達と一緒に行くというのも一つです。

 

積極的積極的といってもあまりに積極的に行くと相手の女性が嫌がることも考えられれます。
そして、いろいろな女性に積極的に話しかけているとそれを女性は見ている可能性もあるのでそこはセーブする方が良いかもしれません。
特にイケメンでモテる男性は女性も見ているのでいろんな女性と話していると女性はいろいろな女性と話していてチャラいと思われる可能性もあります。

 

ですからよいと思った人に積極的に話しかけるのは良いのですが、あまりいろいろな人に話しかけるのはよくないのでほどほどにするというのも一つです。

 

あと男女とも人気の人はずっと誰かと話していたりするのでなかなか空いているスキがありません。
ですから絶対にそういった人と話したいのであればあえて誰とも話さないでその人があく時を待つというのも一つの方法です。

 

とりあえず誰かと話すと実際自分の話したい人と話せない可能性もありますからね。
行動はがっつくよりある程度紳士的に気持ちがかっつくというか積極的が良いのではないでしょうか。

 

流れで紹介

絶対に早く現地に到着する!

 

早く到着することで会場もわかりますし、入ってくる異性も確認できたりします。
そして、うまくいけば始まる前に異性と話すことができます。

 

私は始まる前にいい人がいたらさりげなく近くにいって話しかけたりします。

スタート

スタートする前にもう狙っている異性の近くにはいますね。
女性はわざと近づいて待つ、男性はライバルに奪われないように話しかけるですね。

 

相手チェンジ

相手チェンジと言われますが、人気の人は相手チェンジをしなかったりします。
ここが難しいところでいい人がいないのであればそのあととりあえず話さないというのも一つです。

 

結局タイプじゃないのに仲良くなっても仕方ないですからね。
飲み会などにつなげるのであればそれは良いと思いますけどね。

 

会話

いい相手ならずっと話ますしそうでなければ別の人と話します。
ただ、ずっと話していると会話が持たなくなったりするのでそれは連絡先を交換するのかこの後の約束をするのか飲み会の約束をするのか次につながる布石をうって別の人に行きます。
そのまま話していても空気がおかしくなくのであれば良い印象のままで離れたほうが良いというのが私の考えです。

 

最後に話す人は

最後に話す人は二次会へ行く人などが良いですが、最後のギリギリだともう人気の人は誰かといい感じになっていたり、ほとんどチェンジしないで話す人も多いのでなかなか難しかったりもします。

 

ですから最後に話す人はもうこの人と思ったらある程度早めでもずっと話しておくほうが良いかもしれませんね。
会話が続くのであればということが条件ですが。

 

私はこういった感じがよいとは思いますがその立食型にもよりますけどね。
ちなみに私が行くのは街コンジャパンに掲載されている街コン・恋活ばかりでおすすめだと思います。
もちろん主催がどこかにもよりますけどね。